aa 青汁を作ろう

青汁は、1990年代に、TVのバラエティ番組の罰ゲーム用品として使われたのをきっかけとして注目されたのですが、 健康のために飲んでいる人は、年々増えています。「良薬口に苦し」という諺にもあるように、 口に苦いもの、つまりまずいものは身体にいいと思われるのですが、青汁の味はなんともいえない苦味、 青臭さなのです。おいしいと思って飲む人はあまりいないでしょう。しかし、身体にいいものならば、口にしようと思います。

 

市販されているものを飲んでいる人が多いのですが、実は青汁は手作りすることができるのです。手作りすれば、新鮮で、 自分の好みの味に作ることができます。家庭で簡単に作れるので、試してみると楽しいかと思います。先ず準備するものは、野菜です。 野菜は新鮮な緑黄色野菜を使います。販売されている青汁の成分には、ケールや大麦若葉が使用されていますが、 スーパーで売っている野菜ではないので、これらを使うのは難しいと思います。自宅で手作りするときには、 手に入りやすい、しそ、パセリ、キャベツの青い部分や芯、カリフラワー、ブロッコリーの外葉、小松菜、水菜など、栄養価の高いものを選びましょう。 ただ、ほうれん草はあくが強いし、シュウ酸が結石を作りやすいので、青汁には控えましょう。ほうれん草は使わないようにしてください。

 

● 青汁を飲んでみたい方は、こちらのサイトでおすすめ青汁をチェック! → 青汁 おすすめ

● 青汁は安くありません。では節約の良い方法を教えましょう!住宅ローン借り換えで金利を安くする方法です! → 住宅ローン


ページTOPへ